Read Article

レジャー施設の割引クーポンサイトまとめ。おでかけや旅行先で!

あとで読む

国内旅行やおでかけ先でレジャー施設を利用する際、テーマパークの入場料や観光施設の料金を少しでも安くするために、割引クーポンを利用したことがある人は多いと思います。メジャーなところではコンビニのレジャーチケットやJAFの会員優待など。施設によってはオフィシャルサイトでWEB限定の割引クーポンを配布しているところもあります。

今回旅行比較ネットでは、レジャー施設の割引クーポンを取り扱っているサイトをまとめ、それぞれの特長やお得度を比較してみました。中には半額以上安くなる割引クーポンもあるので必見です。

お得な割引クーポンサイト

デイリーPlusは割引率が高くレジャー施設の取扱いが多い

おすすめのレジャー施設の割引クーポンサイト

レジャー施設の割引クーポンを取り扱っているおすすめのサイトを紹介します。無料で利用できるサイトがほとんどですが月額料金制でかなり割引率の高いクーポンを配布しているサイトもあります。

運営元はYahoo!JAPANや旅行会社など様々で、取扱い施設もサイトによって異なるので、ぜひしっかり比べてみてください。

クーポンサイト名 利用料 割引施設の数 お得度(割引率)
デイリーPlus
デイリーPlus
月額540円
※2ヶ月無料

約3万件
H.I.S.クーポン
HISクーポン
無料
約2,300件
JTB レジャーチケット
JTBレジャーチケット
無料
約2,300件
タイムズクラブ
タイムズクラブ
無料
約1,000件

90万件以上の特典が利用できるYahoo!JAPANの「デイリーPlus」

「デイリーPlus」は、Yahoo!JAPANが提供する月額540円(税込)の会員制割引優待サービス。全国のレジャー施設や観光施設の特典は90万件以上!初月は会員費無料で、Yahoo!JAPANのアカウントがあれば登録もカンタンです。

「デイリーPlus」の特長

割引施設の特典は90万件以上
映画館の割引も多い

月額費用のかかるサービスは、利用施設が少なければ損をしてしまいます。その点「デイリーPlus」は90万件以上の特典があり、割引対象施設も、映画、旅行、ジム、レンタカー、マッサージ、エステ、ホテルと幅広い取扱いがあります。

ボーリングやカラオケ、映画といった手軽なレジャー施設も多く、映画なら通常1,800円が1,200~1,300円で500~600円引き、カラオケならルーム代が10~20%引きと週末に使えるシーンも多い。

特典は家族でも使える

「デイリーPlus」の会員特典は、本人だけでなく家族や友人でも利用できます。特に家族でレジャー施設の割引を利用すれば、割引額は数千円にもなり、「デイリーPlus」の月額費用を払ってもお得です。

割引は家族でも受けられる
会員限定で人気レジャー施設が入場無料

「デイリーPlus」で毎月開催されている「入場無料」は、人気のレジャー施設が先着・枚数限定で入場が無料になります。

2015年6~7月入場無料開催例
・屋内遊園地「ファンタジーキッズリゾート」:初回年会費+タイムパック1時間分無料
・「淡路ファームパークイングランドの丘」:入園料無料
・赤城「クローネンベルグ」:入園料無料

「デイリーPlus」の割引クーポン例

「デイリーPlus」の特長はなんといっても、レジャー施設の割引率の高さ。先着・枚数限定の「レジャチケ」なら有名な遊園地やテーマパークの入園パスポートなどが50~60%割引とかなりお得!

時期によって対象施設や割引額は変わるものの、執筆時には東京の「としまえん」が大人通常4,500円⇒1,600円、埼玉の「西武園ゆうえんち」が大人3,300円⇒1,400円となっています。

デイリーPlusはレジャー施設の割引率が高い!

デイリーPlusはレジャー施設の割引率が高い!

家族で利用すれば「デイリーPlus」の月額費用の数か月分が一度の利用で回収できるほどの割引額です。

自分のよく行くレジャー施設が「デイリーPlus」に掲載されていれば、かなり節約できそうです。夏休みや春休み、ゴルーデンウィークや年末年始などよくおでかけする時期に登録し、2ヶ月無料期間を使ってどのくらい得することができるのか試してみるのもいいでしょう。

2ヶ月無料特典の概要はこちら

旅行会社「H.I.S.」の観光・レジャーのクーポン

「H.I.S.クーポン」は旅行会社のHISが提供する観光・レジャーのクーポンで、旅行先のレストラン、オプショナルツアー、レンタカー、ショッピング、ホテルなどが人数限定でお得なタイムセール時限式クーポンです。

「H.I.S.クーポン」の特長

旅行会社のHIS運営なので、全国各地の観光施設やテーマパーク・スキー場といった旅行の観光地の施設が豊富。動物園・水族館などおでかけ先の施設の取扱いもあり、美術館や博物館などの公共施設の割引クーポンの取扱いもあります。

「H.I.S.」に旅行を申し込んでいなくても利用でき(一部除く)、割引クーポンはすべて時限式で発行枚数が限定となっています。

空港の駐車場の割引や外貨両替の優遇サービスなど、旅行会社らしいクーポンがあるのが特長です。

「H.I.S.クーポン」の割引クーポン一例

※執筆時点での内容となります。

空港での割引クーポン
【成田空港】トラベレックスジャパン 成田空港全店舗:外貨両替優遇レート
【羽田空港】サンパーキング羽田浮島店:40%割引
【関西空港】神戸-関空ベイ・シャトル:200円割引
レジャー・体験の割引クーポン
【兵庫県】神戸どうぶつ王国(旧 神戸花鳥園:10% OFF
【千葉県】鴨川シーワールド:300円割引
【北海道】さっぽろテレビ塔:10%割引+特典
博物館・美術館の割引クーポン
【栃木県】とりっくあーとぴあ日光:平日子ども半額!大人300円割引
【東京都】相田みつを美術館:300円割引+ポストカードプレゼント
【沖縄県】旧海軍司令部壕:10% OFF
中には半額のクーポンや、子ども無料の限定割引クーポンもあるので、旅行の計画を立てる際にチェックしておきましょう。割引クーポンはエリアやカテゴリを絞って検索できます。

「JTB」の現地観光プラン・レジャーチケット

「JTB」のレジャーチケットの取扱いは豊富で、JTBが旅行商品のオプショナルツアーとして販売しているものも多く含まれます。コンビニのレジャーチケットのほとんどは、JTBの取扱いです。

「JTB」の現地観光プラン・レジャーチケットの特長

旅行最大手のJTBが提供するだけあって、現地観光プラン・レジャーチケットの種類は多種多様です。京都の川床や長崎軍艦島上陸クルーズといった、旅行のオプショナルツアーを単独で利用することができます。

レジャーチケットの種類も豊富で、遊園地・テーマパーク、プール、日帰り温泉、水族館・動物園・美術館・博物館など日本全国のレジャー施設の割引クーポンが用意されていて、オンラインや電話で予約するものや、チケットによってはスマートフォンが必要になるものもあります。

コンビニのレジャーチケット

コンビニのレジャーチケットは商品番号を事前に調べておけばカンタン

コンビニのレジャーチケットのほとんどはJTBの取扱い。ですので、事前にJTBのサイトで行きたい施設の商品番号を調べておけばスムーズに購入ができるので便利です。

「JTB」の現地観光プラン・レジャーチケット一例

※執筆時点での内容となります。

現地観光プラン
【京都】京・貴船 ひろや:6,000円 ~15,000円
【長崎】感動体験◎軍艦島上陸クルーズ:おとな3,300円
【沖縄】美ら海クイックライナー海洋博公園:おとな4,000円
レジャーチケット
【群馬】軽井沢おもちゃ王国 フリーパス割引券:おとな 2,900円⇒2,400円
【北海道】ノーザンホースパーク入園フリーパスポート:高校生以上 3,200円⇒2,500円
【岐阜県】新穂高ロープウェイ 1DAYパック:12才以上 5,130円⇒3,900円
コンビニの端末で目当てのレジャーチケットを探すのは結構手間がかかりますが、事前にJTBのWEBサイトで調べておけば控えた商品番号を入力するだけなので簡単です。

パーキングでおなじみ"タイムズ"の「タイムズクラブ」会員限定優待

「タイムズクラブ」は、コインパーキングでおなじみの"タイムズ"の会員制サービス。入会金・年会費は無料で、会員カードを提示して優待を受けられる施設が数多くある。

「タイムズクラブ」会員限定優待の特長

タイムズクラブの会員限定施設割引

全体的に割引率は高くないものの優待施設の数が多いので、入会しておけば思わぬところで割引を受けることができます。

また「タイムズクラブ」会員なら、タイムズ駐車場が会員優待の割引料金で利用できたり、コインパーキングの利用料金に応じてポイントが貯まります。車でのおでかけが多い人におすすめ。

その他タイムズ運営のカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」でポイントがたまったり、「タイムズカーレンタル」では初回限定特典+最大20%オフで利用できます。

「タイムズクラブ」の割引クーポン一例

※一部期間限定の割引クーポンも含まれます。

レジャー(テーマパーク)の割引
【東京】サンリオピューロランド 全日パスポート ペアチケット:8,400円⇒5,400円
【和歌山】和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ入園&スタンダードパス:7,700~11,300円⇒6,600~9,900円
【神奈川】横浜大世界 トリックアート入場券:3,500~5,000円⇒2,600~3,900円
温泉・スパの割引
【全国直営23店舗】極楽湯入館券セット:3,000~5,250円⇒2,560~4,480円
【東京】湯河原温泉 万葉の湯 入館料+岩盤浴+セルフワンドリンク:7,948~11,922円⇒6,048~9,072円
【兵庫】有馬温泉 太閤の湯 入館券:7,800~13,000円⇒6,000~10,000円
カラオケの割引
・カラオケ JOYSOUND直営店:カラオケ室料30%割引
・カラオケルーム歌広場・カラNET24:18:00以降、2名様以上のご来店で、1時間無料!※グループ全員に適用。2時間以上のご利用時
・ジャンボカラオケ広場:【4名様以上のご利用】で、1組様ご利用ルーム料金から20%割引(3名様以内の場合、1組様ご利用ルーム料金から10%割引)
「タイムズクラブ」は入会金や年会費が無料なので入っておいて損はないでしょう。特に車でよく出かけるファミリーにはおすすめです。優待施設の割引クーポン以外のカーライフ関連のサービスもお得です。
スポンサーリンク

クレジットカードの優待割引

クレジットカードの会員限定のサービスとして、レジャー施設の割引を提供しているカードもあります。クレジットカードによってはかなり充実した内容で、中には年会費無料のカードもあります。

優待施設の取扱いが多く割引内容が充実しているカードだけ厳選して紹介します。

エポスカードの会員優待サービス

エポスカードの割引

「エポスカード」は丸井グループが発行する年会費が永年無料のクレジットカード。会員向けの割引や特典は評判がよく、全国5,000店舗でカードを提示すれば10~30%割引を受けられます。

「エポスカードの会員優待サービス」の特長

エポスカードは年会費無料のクレジットカードでありながら、カード会員限定で5,000店舗もの優待サービスが受けられます。カードを提示するだけで割引になったり、クレカの利用でポイントがUPします。

エポスカードの優待店舗は5,000店以上!

エポスカードの優待店舗は5,000店以上!

割引を受けられるお店は、カラオケ店や飲食店を中心に、アミューズメントや映画館、スパやフィットネスなど幅広く、お出かけ先や旅行先だけでなく普段の生活でもお得になるお店がたくさんあります。チェーン店の割引クーポンの取扱いが多いのも特長です。

「エポスカードの会員優待サービス」の割引クーポン一例

※下記割引クーポンは執筆時点での内容となります。

グルメ(レストラン・カフェ)の割引
【全国】ロイヤルホスト:飲食代より10%OFF
【全国】小川珈琲:飲食代より10%OFF※テイクアウト除く
【全国】カウボーイ家族:飲食代より10%OFF
アミューズメントの割引
【長崎】ハウステンボス:1DAYパスポート7%OFF、他
【東京】東京ドームシティ:アトラクションズ1DAYパスポート200円OFF、他
【静岡】富士急ハイランド:フリーパス 大人5,200円⇒4,800円
その他レジャーの割引
【神奈川】(クルーズ)ロイヤルウィング:乗船料30%OFF
【全国】(カラオケ)SHIDAX(シダックス):ルーム料金30%OFF、ポイント5倍
【全国】(映画館)イオンシネマ:当日一般 1,800円⇒1,300円

エポスカードは、マルイのネット通販や店舗でもお得。年4回の会員限定の期間は10%オフで買い物ができます。

その他、演劇(ミュージカル)や舞台のチケット、コンサートやライブのチケットも割引やカード利用でポイントUPになります。

新規入会キャンペーン情報

【キャンペーン期間】2016年12月14日~1月12日
【特典】ネット限定5,000円相当のエポスポイントプレゼント

エポスカード公式サイトはこちら

エポスカードは持っているだけでお得なので、作っておいて損はありません。海外旅行傷害保険も自動付帯(旅行の支払いをしなくても保険が効く)と、入会金無料のカードでは珍しいクレジットカードです。

「JTB旅カード」会員限定のサービス「えらべる倶楽部レジャー」

「JTB旅カード」会員限定のサービス

「えらべる倶楽部レジャー」は、大手旅行会社JTBが発行するクレジットカード「JTB旅カード」の会員限定の施設会員割引サービス。JTBのネットワークを活かし、全国3,000ヶ所の様々なレジャー施設を割引価格で利用できます。

「JTB旅カード」会員限定のサービスの特長

えらべる倶楽部レジャーJTB旅カード裏面の「えらべる倶楽部レジャー」のマークを提示すると、国内約3,000カ所のレジャー施設や、かんぽの宿・ホテルチェーンのホテルなどで割引サービスを受けることができます。

「JTB旅カード」会員限定のサービス利用施設例
・ゴルフ場・クルージング・キャンプ場・遊覧飛行・アウトドア施設・酒蔵・マリンスポーツ、マリンツアー・遊園地、テーマパーク・博物館・日帰り入浴、スパ・美術館・ボウリング・観光農園・体験施設・牧場

前述したJTBの現地観光プラン・レジャーチケットとは違い、運営はJTB関連会社「JTBベネフィット」。「えらべる倶楽部」はどちらかというと福利厚生サービスなので、割引率がかなり高いのがポイント。

通常他の割引クーポンサービスでは割引にならないディズニーリゾートやUSJが、期間限定・期日指定で割引利用できる場合もあります。

「JTB旅カード」会員限定の割引クーポン一例

※優待内容は会員しか閲覧できないので一部のご紹介です。

  • 大江戸温泉:土日祝日入場料 2,180円⇒1,600円
  • 東京湾ランチクルージング シンフォニークルーズ:10%OFF
  • 東京ジョイポリス:入場料 3,900円⇒3,600円

「JTB旅カード」はクレジットカードとしても優秀で、通常の利用でもポイントが1%たまり、加盟店なら最大6%。旅カードという名前だけあって、旅行中の支払いを「JTB旅カード」ですればかなりのポイントがたまります。(ポイントはJALマイルと相互交換できる)

その他、国内・海外旅行保険の付帯、レッカーや鍵開けなどのロードサービス、旅行中のインフォメーションサービスなど、旅行に関連したサービスが充実。年会費は2,000円(税別)必要ですが、旅行好きや週末によくおでかけするファミリーには魅力的なカードです。

新規入会キャンペーン情報

【キャンペーン期間】2017年3月31日(カード入会日)まで
【特典】もれなく4,000ポイントプレゼント!(4,000円相当)

「JTB旅カードJMB」公式サイトはこちら

「JTB旅カード」は年会費がかかりますが、入会で4,000円相当のポイントがもらえるので、1年間どのくらいお得になるかを試してみるのもいいでしょう。とにかく旅行に関わるサービス満載のクレジットカードです。

関連記事 旅行先でお得!国内3,000カ所のレジャー施設で割引のある「JTB旅カード JMB」

まとめ

いかがでしたか?クーポンサイトによっては50%割引になるなど、かなりお得な割引クーポンもあります。おでかけの度に割引クーポンを使えばけっこうな額の節約になります。

クーポンサイトごとに取扱い施設や割引率も違うので、ちょっと手間ですが各サイト全てで対象の施設を調べたり、旅行するエリアでお得な割引クーポンがないか探すとよいでしょう。

その他、地域のポータルサイトや、各自治体で子育て世代向けの施設割引を行っているところもあるのでぜひチェックしてみてください。

旅行比較ネットをフォロー

お得な国内旅行情報や豆知識などを配信中!

Return Top