Read Article

大雪や台風で飛行機が欠航したら?航空券や旅行ツアーの対応方法とは

最近は日本でもゲリラ豪雨や竜巻などの自然災害に見舞われることが多くなっているような気がします。「ずっと前から計画してた沖縄旅行の日に台風が接近!」「北海道の帰りの飛行機が大雪で欠航!その日に帰れない!」なんてことも起こります。

もちろん自然災害には勝てないので、どうすることもできません。ただし、いざという時に慌てないためにも、「購入した航空券はどうなる?」「申し込んだ旅行はキャンセル?」「欠航の情報はどうやって入手するの?」など、事前に知っておくことでスムーズな対応をとることができます。

飛行機が欠航時の航空券や旅行ツアーの対応

悪天候による対応は様々

台風や大雪などの悪天候のケースで、旅行会社や航空会社がとる対応は様々です。同じ状況でも旅行会社や航空会社が違えば対応が異なることがあるので注意が必要です。

飛行機が欠航になるかどうかもギリギリまでわからない

飛行機の欠航は、台風など悪天候の予測がつく場合は前日に決定する場合もありますが、出発直前に決定されることがほとんどです。航空会社もできることなら飛行機を飛ばしたいところですが、天候の状況は刻一刻変化するため、安全に運航できるかどうかをギリギリまで判断しているからです。

気を付けたいのが機材繰りによる欠航です。台風が日本に上陸するが、自分の旅行先とは離れてるので関係ないと思っていても、自分の予定便が出発空港に到着できずに欠航することも。
特に機材の保有数が少ないLCC(格安航空会社)は、一機の飛行機が一日複数の路線を運航するので、影響を受ける場合があります。

天変地異の場合は旅行会社や航空会社は責任を負わない

天変地異の場合、旅行会社や航空会社に責任はありません。そのため、悪天候による日程変更や欠航で生じた費用は旅行者本人の負担となります。

飛行機の欠航や遅延で生じる費用例
『帰りの飛行機が欠航で翌日以降になった場合の宿泊費』『朝出発予定の飛行機が遅れて夜出発に。その間の食事代』『空港まで行ったが欠航となった際の交通費』など
大雪や台風時の対応

悪天候が長引けば旅行先からなかなか帰れないことも

国内パックツアーの悪天候時の対応

国内パックツアーの悪天候時の対応は、旅行を申し込んだ旅行会社の指示に従うことになります。(旅行代理店経由の申し込みの場合は主催旅行会社でも)

台風や大雪の場合、それが旅行開始前なのか旅行中なのか、悪天候は出発空港なのか到着空港なのか?など様々なケースがあります。

国内パックツアーの対応も、旅行の内容や旅行会社によって異なる場合があるので一概にはいえません。必ず申し込み旅行会社に確認してください。また以下の事項を事前に確認しておくことで慌てなくてすみます。

  • 旅行会社の営業時間外(土・日の出発など)の緊急連絡先は?
  • ツアー催行の判断はいつされる予定か?
  • 往路便が欠航の場合、別の便や日にちをずらして出発できるか?

旅行開始前の対応(往路の飛行機が欠航になりそう)

原則国内パックツアーは、往路の飛行機が欠航の場合は全額返金

国内パックツアーの往路便が、台風や大雪などの悪天候で欠航になった場合は、原則としてツアー中止となり、支払ったパックツアーの代金は全額返金となります。申し込みの旅行会社に連絡した上で返金の手続きを行うことになります。

どうしても旅行に行きたい場合は・・・

かなり前から予定していた国内旅行なので、どうしても旅行に行きたいという場合、一度申し込み先の旅行会社にご相談ください。申し込みのツアーによっては往路便を変更してツアーを催行できる場合があります。(同じ区間で、当日の別の便や翌日の便に空席があれば)

ただし、申し込み先の旅行会社が対応するかどうかによるので必ず確認が必要です。その場合、帰りの飛行機の日程は変更できないので、旅行日数や滞在時間は短くなります。

また往路の飛行機が欠航で、新幹線などの陸路を自分で購入・手配しツアーに参加することも可能な場合があります。その際、自分で購入した移動費用は自己負担ですが、欠航した往路の航空券代(パックツアー用)は払い戻しがある場合があります。ただしこの場合も、旅行会社に必ず確認してください。

予定便の欠航が決まってない場合は空港へ

悪天候による場合、原則往路の飛行機が飛べばそのツアーは催行されます。台風が近づいてるから、旅行に行っても天気が悪いからといった理由で、自分の意志で旅行をキャンセルする場合は通常のキャンセル料が発生するので注意が必要です。

※往路の飛行機が飛ぶ予定でも、旅行先の天候状況などによってツアーが中止になる場合があります。必ず申込先の旅行会社に確認してください。

自宅を出発する時点で、搭乗予定の飛行機が欠航するかどうかが決定してない場合は、とりあえず空港に向かうことになります。自分の判断で空港に向かわず、搭乗予定の飛行機が飛ぶと基本的にツアー催行となりキャンセル料を請求されます。また、空港に向かったが予定便が欠航になり、ツアーが中止となっても、空港までの移動にかかった費用は実費となります。

また旅行先の到着空港ではなく、出発空港が台風や大雪などの悪天候に遭っている場合は注意が必要です。出発空港までのアクセスが混乱していて予定より大幅に時間がかかるので、余裕を持って空港に向かうことが必要になります。
当初予定していた空港までの移動方法とは別の手段も事前に調べておくと、当日慌てなくてすみます。

悪天候時に、関西空港などの海上空港を利用する場合は注意が必要です。海の上の空港ですから、連絡橋を渡って行くことになります。この連絡橋は台風などの強風で、電車が不通になることがよくあります。その場合はバスなどの代替輸送がありますが、乗り換えなどで思ってる以上に時間がかかります。
欠航時の対応

欠航が確定していない場合は悪天候でもとにかく空港へ向かう

スポンサーリンク

旅行中の場合

旅行先で台風の接近や大雪などの悪天候にあった場合は、旅行もままならないし、帰りの飛行機のことも心配しないといけません。しかしまずは、安全優先です。予定していた観光地を屋内施設に変更したり、アクセス方法の見直しなどの確認をしましょう。

旅行で慣れない土地なら、現地の方からの情報がとても役に立ちます。例えば沖縄の人は台風に慣れているので、「このくらいなら大丈夫」とか交通機関の対応方法などを良く知っています。積極的にホテルの人や現地の方に尋ねることをおすすめします。

また、悪天候が帰る日まで続くかどうかを天気予報で必ずチェックしましょう。帰りの飛行機が悪天候の影響を受けそうな場合は、すぐに対策が必要です。

帰りの飛行機が欠航になった(なりそうな)場合

帰りの飛行機が欠航の場合は、状況によっていろいろなケースが考えられます。スムーズに帰路に就くためには素早い情報収集的確な判断が必要です。

予定便の欠航が確定した場合

基本的には、ツアーを申し込んだ旅行会社や航空会社係員の指示に従うことが原則です。また航空会社によって対応は異なるので必ずご確認ください。

予定の飛行機の欠航が決まれば、いち早く振り替え便の確保が必要になります。当日少しでも早く帰りたいなら空港に向かうことが先決です。なぜなら『空席待ち整理券』 を入手する必要があるからです。(ここでは欠航によるくうせき)

この『空席待ち整理券』には番号がふられます。この順番が天候が回復し運航が再開する時に飛行機に乗れる順番なのです。(簡単に言うと早い者勝ち)
この空席待ち整理券は、原則空港のカウンターに行かないと発行してもらえません。航空券がある場合は航空券が必要です。

予定便以降で空席があれば、同一区間の別便への振り替え(空港に行く必要はない)は可能です。ただし、悪天候で欠航が続出した場合、航空会社は一定期間の新規予約を一旦停止してしまいます。(航空会社は欠航で飛行機に乗れなかった人を飛ばすため調整が必要)
なので、欠航が決定した時点では翌々日の便しか振り替えができなかったりします。「空港で待つのは嫌だし帰るの数日後でもいいや」という場合を除くと、空席待ち(キャンセル待ち)をすることになります。
欠航時の空港カウンターは混雑

欠航時の空港カウンターは大混雑!怒鳴りだすおじさんも。。。あわてず対処しましょう。

予定便が欠航する場合たいてい前後の便も欠航になります。1日中欠航することだってあります。翌日から運航が再開したとしても、当然元々予定していたその日の予約が優先です。その日が連休などの混雑日で空席待ちの人が大量にいると、帰る日が翌々日になることも。そのため、なるべく早く空席待ち整理券を手に入れる必要があります。(空席待ちの人数に応じ、機材の都合がつけば臨時便がでます)

『空席待ち整理券』を手にした後は、自分の番号が呼ばれるまでただただ空港で待つだけ。呼ばれた時にその場にいないと順番は飛ばされます。そのため、運航再開後少しでも早く飛行機に乗りたいなら、混雑した空港で待ち続けるしかありません。

臨時便の運航で一気に順番がまわってくることもあるので、早く飛行機に乗りたいなら、空港内のアナウンスを聞き逃さないようにしましょう。

航空券が手元になく、引換券(クーポン)の場合は、空港内旅行会社の団体受付カウンターの係員の指示に従うことになります。一般的にはカウンターで航空券を受け取ってから、利用航空会社の空席待ち整理券の列に並びます。

いくら空席待ち整理券を手に入れても、悪天候が長引けば空港で何時間も待ち続けることに。早く帰るのをすぱっとあきらめて、翌日以降天候が回復しそうな頃の振替便を手配してしまうのも手です。
帰りが翌日以降に。ホテルの宿泊代はどうなる?

帰る予定の日に飛行機に乗れなければ、その日に泊まるホテルの確保が必要です。この場合宿泊代は自腹となります。悪天候が理由なので、旅行会社や航空会社に責任はなく補償はありません。パックツアーの場合ホテルの手配は、たいてい申込みの旅行会社が手配してくれます。

欠航時は旅行会社も対応に追われており、なかなか連絡がつかないことも。欠航が確定すると条件の良いホテルから満室になるので、少しでも条件の良い(空港から近いとか)ホテルを確保したいなら、自分で手配するのが賢明です。また、事前にホテルの空室や料金を調べておき、欠航が決まり次第予約ができるように準備をしておきましょう。

まだ予定便の欠航が確定していない場合

早く帰りたいなら前もって空港へ

『空席待ち整理券』欠航が決まった時点で発行されます。しかも『空席待ち整理券』は空港に行かないと発行してもらえません。

例えば朝一番にその日の全便の欠航が確定すると、運航再開後飛行機に乗れる順番は、朝の便、夕方の便関係なく、空席待ち整理券の順番になります。

少しでも早く帰りたいなら、前もって空港へ向かう事を検討してください。※ただし、予定通り運航し、結果無駄足となるリスクはあります。

旅行を切り上げて早く帰る

大事な予定があり、どうしてもその日までに帰りたいなら旅行を切り上げて帰ることを検討しましょう。

そもそも国内パックツアーの航空券は、変更ができない券種を利用しています。(その為安い)ですので、欠航が決まってない段階で便を変更することは原則できません。
ただ、台風など天候の見通しがつく場合(天候調査中など)は、予定より前の便に変更できる可能性があります。どうしても早く帰りたい時は、申し込みの旅行会社もしくは航空会社に相談してください。

もちろん欠航が確定する前に、自分の判断で新たに別の航空券を自腹で購入し、予定を前倒しして帰ることは可能です。(未使用の帰りの飛行機や宿泊は原則放棄扱い)

自分で航空券やホテルを手配した場合

自分で航空券やホテルを別々に手配した場合、対処方法はほとんど上記ツアーの場合とおなじです。ただ当然ながら飛行機の欠航に伴う手続きはすべて自分で行う必要があります。

行きと帰りが別々の航空会社

同じ区間で往復同じ航空会社の場合は、原則キャンセル料なしで払い戻しできます。行きと帰りを別々の航空会社で予約し、行きの飛行機が欠航した場合は少しやっかいです。行きの飛行機が欠航だと、帰りの飛行機はキャンルすることになりますが、原則帰りの飛行機のキャンセル料は発生します。(帰りの飛行機の航空会社にとっては関係のないことなので。)

ただし航空会社によって、往路の欠航証明書を提示することで手数料なしで対応してくれる場合があります。あきらめてキャンセルする前に帰りの航空会社に問い合わせてみましょう。

飛行機の運航(欠航)情報はどこから?

国内線の欠航情報は、テレビやラジオ、各種ニュースサイトなどでも発信されます。もちろん航空会社のフリーダイヤルでも確認できますが、悪天候当日は多くの人が電話するため繋がりにくくなります。一番確実な方法は、各航空会社のウェブサイトの「運航情報ページ」です。最近ではtwitterで運航情報を配信したり、登録したケータイに予定便の運航情報を配信するサービスもあるので、事前にチェックしておきましょう。

主要国内線各社の飛行機の運航情報

ANA(全日空)
ANAインターネット国内線運航状況のご案内サービス
@ANA_flight_info(ANAの公式twitter-運航の見通し)
JAL(日本航空)
JAL - 運航の見通し(国内線)
国内線メールサービス(予定便の欠航や遅延などの情報をいち早くメールで受け取れる)
スカイマーク
スカイマーク/現在の運航状況
エアドゥ(AIR DO)
AIR DO/発着案内・運航の見通し
ソラシドエア
ソラシドエアホームページの運航状況より区間、搭乗日を選択して確認
スターフライヤー
スターフライヤー/運航状況
※前日までの購入の場合は運航状況のメール配信あり。
フジドリームエアラインズ(FDA)
フジドリームエアラインズ/運航状況
JALやANA以外の航空会社を利用する場合でも、JALやANAの運航状況をチェックしておくとよいでしょう。飛行機の機材繰りによる欠航は別ですが、天候による欠航は、JALやANAの判断がいち早く出る場合があるので、対応の参考になります。
航空会社によって欠航するかどうかの判断は異なります。最終的には利用する航空会社の決定に沿うことになるので、あくまでも参考程度に。

大雪や台風時の対応まとめ

  • 原則は旅行会社や空港係員の指示に従う
  • 予定の飛行機が欠航の場合はいち早く空港へ
  • ネットの情報で素早い対応を(携帯やスマホの充電に注意)
何日も前から楽しみにしていた旅行なのに悪天候にあたるととても残念。ただし残念がってもしょうがないので、開き直って悪天候を楽しんでみては?
悪天候時は状況が目まぐるしく変化するため、いろんなケースで様々な対応が考えられます。対応方法は必ず、申し込みの旅行会社や航空会社などに直接ご確認ください。当該情報につき利用者の方が損害を被った場合でも、当サイトでは一切責任を負えませんのでご了承ください。
旅行比較ネットをフォロー

お得な国内旅行情報や豆知識などを配信中!

Return Top