Read Article

ANA国内線サービスをリニューアルしLCCに高品質で対抗

ANAは2012年4月11日に国内線のサービスをリニューアルすると発表しました。今回のサービス変更は2012年6月1日(金)からで、プレミアムクラス、普通席ともに「高品質」をキーワードに食事・コーヒーの提供や、一部の機材に新シートを導入するなどの大幅なサービスのリニューアルとなるようです。

ANA国内線サービスのリニューアル内容

 ANAは、お客様に選ばれ続けるエアライングループを目指し、プロダクト・サービスブランド「Inspiration of Japan」のコンセプトのもと2012年6月1日(金)より国内線サービスをさらに充実させてまいります。
 今回のサービス変更では、プレミアムクラスのお食事のリニューアルやこだわりのコーヒーのご提供など、機内食とお飲み物を充実いたします。また、プレミアムクラスのお客様にご利用いただけるラウンジを拡大、一部の機材に新シートを導入するなど、ハード面のサービスも充実いたします。
 これまで以上に徹底してお客様にこだわり、ANAブランドをさらに磨き上げ、いつ出会っても新しい発見や心ときめかせる体験を商品やサービスで実現するとともに、ますます高品質なサービスを目指してまいります。

ANAホームページプレスリリースより

プレミアムクラス

三つ星料理人監修の機内食

朝食・昼食・夕食の時間帯のメニューを「Premium GOZEN」(プレミアム御膳)、それ以外の時間帯のメニューを「Premium SABO」(プレミアム茶房)と名称変更しました。羽田・伊丹・札幌・福岡からの出発便の「プレミアム御膳」は、ミシュランガイドで5年連続の三つ星を獲得した「銀座 小十」と3年連続で二つ星を獲得した「祇園 さヽ木」が監修。「プレミアム茶房」は、マンダリンオリエンタル東京が監修したコラボレーションメニューが用意されます。

ANA国内線プレミアムクラス機内食

スターバックスのコーヒーが無料

「スターバックス ドリップ コーヒー ハウスブレンド for ANA」を、プレミアムクラスで無料に。

プレミアムクラスでもラウンジンの利用可

国内各地のラウンジを「ANA LOUNGE」としてリニューアルしたのち、プレミアムクラスの方でも利用できるようになります。(これまでは多頻度会員のみ利用可)

新シート導入

上質で落ち着きのある本革素材を使用し、リクライニングの傾斜角度は約130度で国内最大級。

ANA新シート

普通席

コーヒーがさらに充実

アートコーヒーと共同開発したおいしいドリップコーヒーを無料提供。

新シートを順次導入

座席設計を工夫し、膝周りに広い空間を確保。人間工学的に快適さを追求した設計の新シート。

ANA普通席新シート

東京~大阪間で、プレミアムクラスは特割運賃より約7,000円高い!(3日前までの予約のプレミアム特割との差額)3つ星機内食を食べながらゆったりシートでの移動はあこがれです。

やはりビジネスには大手航空会社か?

就航約1ヶ月後の3月28日に起きたLCCのPeach(ピーチ)の機材トラブルによる欠航で明らかになりましたが、やはり立ち上げ当初のLCCには欠航の心配がつきまといます。

LCCは欠航が心配

LCCの安売りの源となるのは飛行機の稼働率を最大化することにあります。1機で1日4往復(8便)するといわれるPeachの場合、現状4機の保有機材の内、1機が何かしらの機材トラブルを起こした場合8便に影響がでます。(予備の機材は当然ありません。)今回の様に整備に時間を要すると、数日にわたり欠航便が発生してしまいます。

LCCは今後直面するであろう夏の台風や、冬の大雪などで欠航した場合のリスクが高まります。ここでいうリスクとは、同一機材が一日すべて同じ路線を飛んでる訳ではないので、天候の要因で欠航した場合に別の路線も機材繰りが理由で欠航してしまうというものです。
(例:関西~沖縄の路線が台風で欠航し、沖縄にある機材が、関西~福岡で運航する予定だった為、関西~福岡の路線も欠航になってしまう。)

そうなるとやはりLCCはビジネス利用には向かないということになります。(そもそもPeachはビジネス顧客をターゲットにはしていないと公言しています。)

今回のANA国内線サービスのリニューアルで、プレミアムクラスがさらに高品質化を目指すあたりは、ビジネス利用を意識し、LCCとの差別化を狙ったものとなっています。

LCCの登場によって、既存の大手航空会社がサービスの質を高めることになり利用者にはうれしい流れです。LCCの安さには理由があるので、十分に理解・納得して利用する必要があります。上手に使い分けしたいですね。LCCの料金で大手のサービスが一番いいんですけど・・・(笑)
旅行比較ネットをフォロー

お得な国内旅行情報や豆知識などを配信中!

Return Top