Read Article

高速料金が約50%割引になるETC高速+ホテル宿泊の「ドラ旅パック」がお得

自家用車を持っている場合は、国内旅行はもっぱら車で行くという人が多いのではないでしょうか。理由は様々で、「家族だと人数が多いので一番安くつく」「車の移動が気楽」「小さい子供がいるので飛行機や新幹線はちょっと」などなど。

そんなドライブ旅行のユーザーが気になるのは高速料金。旅行費用の中でも大きな負担で、少しでも安くなればと思っている方は多いはず。。。

ドライブ旅行は高速料金が気になる...
ドライブ旅行は高速料金が気になる...

高速料金の各種割引は廃止・縮小

2014年4月にはETCの休日割引が廃止され(50%割引だった!)、東京・大阪近郊では土・日・祝日のETC割引がなくなりました。地方部のみ休日割引が50%→30%に縮小され存続している状況。早朝夜間割引(22時~6時/50%割引)も廃止され、今は深夜割引(0時~4時/30%割引)のみとなり、平日昼間の割引もなくなりました。(泣)

高速料金が割引になる「ETC高速+ホテル宿泊」のパック

そんな中2015年4月10日より旅行会社大手のJTBから発売されたのが、「ドラ旅パック」という商品。この商品はなんとETC高速とホテルの宿泊がセットで高速料金が割引になる従来ない商品。

ドラ旅パックは高速料金が割引になる

一般的にパックツアーといえば、航空券+ホテル宿泊、JR(新幹線)+ホテル宿泊という様に、交通機関+ホテルがセットになったもの(セットで料金が安い)。この「ドラ旅パック」は、ETC高速料金(約50%割引)+宿泊1泊2日がセットになっており、しかも観光地の特典入場まで付いてきます。

さらにお得なのが、高速料金は発着エリアから旅行の目的地エリアまでの往復に加えて、目的地の周辺エリアも乗り放題!旅行先でちょっとした移動にも高速を使うことができ、効率良く観光地を回ることができるます。

対象エリアは首都圏・中部エリア・伊勢志摩エリア内

「ドラ旅パック」の出発エリアは首都圏と中部エリアに限られています。伊勢志摩エリアは、周遊エリア内が乗り放題で、エリア外は別途高速料金がかかります。対象となる旅行目的地は、以下の通り。

(首都圏発着)
伊豆、舘山寺浜名湖、富士河口湖、南信州
(中部発着)
金沢、加賀温泉郷、飛騨高山、白川郷、富山、信州・下呂、伊豆・静岡
(伊勢志摩エリア内)
伊勢・志摩

高速料金はどのくらい安くなる?

では「ドラ旅パック」でどれくらい安いのかというと、首都圏発着の舘山寺・浜名湖プランの場合で、普通車1台の1往復の高速料金11,440円が、6,200円とかなりお得。

ETCの休日割引よりもお得で、平日はETC割引がないためかなりの額を節約することができます。車で旅行する方は必見のプランです。

ドラ旅パック料金例
しかも「ドラ旅パック」の高速料金は、旅行先の周遊エリアが乗り放題なので、高速料金を気にせず、行きたい観光地を最短でまわることができます。

高速料金が安くなる仕組みは?

高速料金は、該当の商品を予約後に自分のETCカードを事前登録することで、割引の高速料金が反映される仕組みです。(以下はJTBのホームページでドラ旅パックを予約した場合の流れ)

【ドラ旅パックのETC登録は出発の前日の24時までの事前登録制】
(1)予約完了通知メール記載の専用URLからアクセス
(2)画面の案内に従い、必要情報入力(出発日・旅行予約の代表者名・連絡先・アドレス・ETCカード番号・有効期限等入力)
(3)アドレスに「登録完了メール」が届けば手続き完了。
(4)登録したETCカードで出発。

ドラ旅パックの申し込みは?

ドラ旅パックは、JTBホームページで申し込みが可能です。

ドラ旅パックの予約・申込

高速料金が約50%割引!ドラ旅パック
首都圏・名古屋エリア、伊勢志摩エリア内人気観光地へのドライブ旅行がお得!高速料金が約50%割引で周遊エリアが乗り放題の「ドラ旅パック」

ドラ旅パックの高速利用に関しては、発着エリア・周遊エリアの細かい規定があるので、JTBのホームページなどでご確認ください。夏休みの家族旅行や、シニアの方の平日のドライブ旅行におすすめです。
旅行比較ネットをフォロー

お得な国内旅行情報や豆知識などを配信中!

Return Top