Read Article

バニラエアの手荷物料金表と注意点

バニラエアの手荷物の注意点

LCC(格安航空会社)は航空券代金を安くするため、運賃以外は必要に応じて料金を支払う仕組みです。特に手荷物に関しては、LCC各社それぞれの条件や料金が異なるので注意する必要があります。

バニラエアの受託手荷物は20kgまでが無料

バニラエアは20kgまでの受託手荷物が無料

バニラエアは20kgまでの受託手荷物が無料

バニラエアは「コミコミバニラ」なら受託手荷物料金20kgまでが無料となります。(「わくわくバニラ」「シンプルバニラ」は有料2,000円~)

受託手荷物と機内持込手荷物の違い
機内持込手荷物とは、その名の通り飛行機内の座席まで自分が携行する手荷物で、受託手荷物とはチェックインの際に航空会社に預けてしまう手荷物のことです。
バニラエアはこれまで、一番安い運賃タイプの「シンプルバニラ」でも20kgまでの受託手荷物は無料でした。(2014年10月26日分より有料に変更)ピーチもバニラエアの「シンプルバニラ」にあたる「ハッピーピーチ」の運賃タイプだと有料で、ジェットスタージャパンも一番高い運賃タイプの「Max」以外は有料なので。国内線LCCでは、安い運賃タイプの受託手荷物は有料ということになりますね。

バニラエアの受託手荷物料金表

バニラエアの受託手荷物は、40kgまでならウェブサイトにて予約が可能です。40kgを超える場合は、空港カウンターでの対応となります。(500円/5kg+空港手数料1,000円)

※2014年10月26日搭乗分よりシンプルバニラの受託手荷物料金が値上げとなっています。

◎2014年3月30日~2014年10月25日の受託手荷物料金
受託手荷物重量 コミコミバニラ シンプルバニラ わくわくバニラ
~20kg 0円 2,000円
21~25kg 500円 2,500円
26~30kg 1,000円 3,000円
31~35kg 1,500円 3,500円
36~40kg 2,000円 4,000円

※当日荷物重量の超過が発生した場合は、別途1,000円が必要。

リゾート路線を中心に運航するバニラエア。リゾート地へ旅行する場合は荷物が多くなりがちですが、ほとんどのケースで荷物が20kgを超えることはないでしょう。ただし、旅行先で大量にお土産などを買うと、行きよりも帰りの荷物が重くなります。また、キャンペーン時の運賃「わくわくバニラ」の場合は有料なので注意が必要です。
手荷物の重さを量るのにおすすめ

受託手荷物の重さを量るのに便利なラゲッジチェッカー

ラゲッジチェッカーは手荷物の重さがある程度正確に量れて(家の体重計では誤差が・・・)、旅行先にも持って行けるのでおすすめです。(帰りに荷物が増えてもOK・・・)
値段も1,000円代~と安く、旅行や出張でよくLCCを利用する方は超過料金のことを考えると買っておいて損はありません。グループで旅行に行く場合は、友達同士でワリカン!

ベビーカーやスポーツ用品などの大きい荷物は?

バニラエアの定型外手荷物

ベビーカー・車いすなどは無料で預けることができます。

その他スポーツ用品など、定型サイズ(三辺の和が203cm以内、かつ一辺の長さが120cm以内)を超える荷物は有料で、一点につき1,000円の手荷物料金が必要です。(一辺の長さが200cmを超える荷物は事前に確認が必要)

バニラエアの機内持込手荷物

バニラエアの機内持ち込み手荷物バニラエアの機内に持ち込み可能な手荷物は、一人一個で10kgまでとなり、身の回り物品(ハンドバック、PCバックなど)1個も持ち込み可能です。(身の回り品は重量に含まない)

機内持込手荷物のサイズは、56x36x23cm(三辺の和が115cm)以内なので、大きいキャリーバッグなどは事前にサイズを計っておくことをおすすめします。

旅行比較ネットをフォロー

お得な国内旅行情報や豆知識などを配信中!

Return Top