Read Article

国内パックツアーの申し込み期限

国内パックツアーの予約期限は10日前

現在JALやANAの飛行機を利用した国内パックツアーの申込期限は、原則10日前までとなっています。ですので、飛行機を利用して国内のどこかに1泊以上の旅行をする場合は、10日前までに予約をしなければパックツアーを利用できません。明日急に旅行をしたいと思っても、ツアー自体に申し込みをすることができないのです。
(JRやバスを利用した国内パックツアーなら直前でも予約ができる)

例)旅行に行きたい日が2月19日の場合、10日前の2月9日が国内ツアーの申込期限となる。ただし10日前が土・日・祝日にあたる場合などは、予約期限が平日まで遡ることになります。(仮に2月10日が日曜日だとすると、2月8日の金曜日が申込期限。)※旅行会社によって取扱いが異なるので念のため確認してください。
国内パック旅行

予約期限が10日前だと不便

一昔前であれば国内旅行でも、一緒に行く人間と「あっちがいい、いやこっちがいい」と相談しながら、何か月も前から計画を立る一大イベントでした。しかし最近は旅行金額の下落などから、国内旅行はとてもカジュアルなものとなっています。そういうことからも、国内パック旅行の予約期限が10日前というのはかなり不便です。

自分で手配は可能だが割高に

もちろん直前の国内旅行でも、「航空会社の正規割引運賃+ホテル予約(ホテル予約サイトや直接ホテルで)」を自分で手配すれば国内旅行に行くことは可能です。しかし一般的には国内パックツアーで申し込む方が安くなります。

ダイナミックパッケージなら3日前まで予約できる

そんな中数年前に登場したのが「ダイナミックパッケージ」という形態。インターネットの発達により可能となった旅行商品の販売手法で、「航空便」と「ホテル」を自由に組み合わせインターネットで予約から購入までできる仕組みです。

ダイナミックパッケージであれば3日前までの予約が可能です。(ただしホントにお得なのは10日前まで)

関連記事ダイナミックパッケージとは?そのお得な利用方法は?

国内パックツアーの予約期限が7日前に!

しかし、先日の日経新聞に「国内パック旅行が7日前までOK」という記事が出ました。(2014年1月20日)

日本航空と全日本空輸は4月出発分から、国内パック旅行向け航空券の予約期限を現在の出発日10日前から7日前に延長する。利用者は申し込み期間が長くなり、希望する旅行を予約しやすくなる。ツアーを主催する旅行会社も販売機会の拡大につながりそうだ。

記事によると、2014年4月出発分より国内パック旅行の予約期限が、現在の10日前から7日前に変更になるというもの。これによってちょうど1週間前の同曜日まで、国内パック旅行が申し込めることになります。翌週の週末(土・日)の国内旅行の予約が

合わせてJALやANAのダイナミックパッケージも7日前までがお得な旅行代金となりそうです。

国内パックツアーの予約期限は航空会社によって違う

国内線の航空会社はいくつかありますが、国内パック旅行として販売されているものはJAL・ANAを筆頭に数社あります。それぞれ国内パックツアーの予約期限が違うのはご存知でしょうか?直前に国内旅行に行きたくなった際は以下参考のうえお申込みください。

航空会社名 申し込み期限 備考
JAL 出発日の10日前 ※2014年4月出発分より7日前に変更
ANA 出発日の10日前 ※2014年4月出発分より7日前に変更
スターフライヤー 出発日の10日前 ※ANAに合わせて変更する可能性あり
スカイマーク 出発日の5日前
フジドリームエアラインズ 出発日の5日前

※ソラシドエア、AIR DOは、ANAの共同運航便としてのツアー商品がある。

なかでもスカイマークは運航している路線も多く、5日前までパックツアーの予約が可能なので、スカイマークが就航している路線の旅行を検討されている場合は、チェックすることをおすすめします。

関連記事スカイマークのホテルパックツアー予約

旅行比較ネットをフォロー

お得な国内旅行情報や豆知識などを配信中!

Return Top