Read Article

LCCのジェットスター・ジャパンを徹底攻略

あとで読む

成田空港を拠点に、徐々に路線を拡大しているジェットスター・ジャパンは、JALなどが出資する格安航空会社(LCC)で2012年7月に就航しました。
そんなジェットスター・ジャパンは、国内線の運賃を家電量販店ばりの「最低価格保証」を打ち出していて、見逃せない航空会社です。そんな格安航空会社の、ジェットスター・ジャパンを徹底解剖します。

jetstar_logoj600x400

ジェットスター・ジャパンとは

ジェットスター飛行機

日本航空(JAL)とオーストラリアのカンタスグループが1/3ずつ出資する航空会社。ジェットスターとして、いち早く日本~オーストラリアの路線を運航しており、すでにおなじみの格安航空会社(LCC)です。
日本国内路線は成田空港関西空港を拠点に運航を開始しました。

ジェットスター・ジャパンは「最低価格保証」を打ち出しており、ジェットスター・ジャパンと同一路線、同一日程、同じ時間帯で他社の航空運賃がジェットスター・ジャパンよりも安ければ、運賃を10%安くすることを保証しています。他のLCC同様必要なサービスだけを有料にし、国内の既存航空会社の40~50%の運賃を打ち出しています。

ジェットスター・ジャパン基本情報

ジェットスター・ジャパンは成田国際空港を拠点に、関西国際空港も第二の拠点として運航しています。

航空会社名 ジェットスター・ジャパン
航空会社2レターコード GK
航空会社3レターコード JJP
正式社名(日本語) ジェットスター・ジャパン株式会社
正式社名(英語) Jetstar Japan Co., Ltd
本社所在地 〒282-0004 千葉県成田市古込字古込1-1
代表者名 鈴木みゆき
ジェットスター・ジャパンホームページ http://www.jetstar.com/jp/ja/

ジェットスター・ジャパンの国内線予約

ジェットスターの予約は、ジェットスターの公式ホームページやコールセンターにて受け付けています。大手航空会社の予約方法と違う点がいくつかあり、座席指定の手数料や、払い戻しができない運賃タイプなど注意が必要です。安い航空券がかえって高くついたなんてことのないように、LCC特有のポイントをしっかり押さえてから予約しましょう。

関連記事 ジェットスターの国内線予約と支払方法、変更・キャンセル料・払い戻し

ジェットスター・ジャパンの国内路線

ジェットスターは現在、国内16路線を運航しています。(2016年7月現在)

ジェットスターの国内運航路線

ジェットスター・ジャパンの国内線は、東京(成田空港)・大阪(関西空港)・名古屋(中部国際空港)を中心に国内10都市、16路線となります。(2016年7月現在)

※ジェットスターの国内運航路線や時刻表について詳しくは、以下より。
関連記事ジェットスター・ジャパンの国内路線と時刻表

ジェットスター・ジャパンの運賃

ジェットスター・ジャパンの運賃は、LCC特有のカウントダウン方式で、基本的に早く申し込めば安くなり搭乗日に近づくほど高くなる運賃体系です。

しかもジェットスター・ジャパンは、「最低価格保証」を打ち出していて、同日同時刻の同ルートの便で、ジェットスターよりも安い他社の便をコールセンターに申告すると、その運賃より10%安く便を提供すると発表しています。

ジェットスター・ジャパンが「最低価格保証」をうたえるのも、JAL(国内大手)、ジェットスター(LCCのノウハウ)、三菱商事(資金力)と重要な要素を抑えていて、かつジェットスターグループとしてのスケールメリットを活かせる(航空機の購入や、燃料など)のが大きいからだと思われます。

まさに家電量販店の価格競争の戦略そのものです。。

ジェットスターの運賃タイプは3種類

ジェットスターの国内線では、運賃のみの一番安いタイプ『Starter』をはじめ、追加料金を支払うことで、数々のオプションが追加される『ちゃっかりPlus』『しっかりMax』と計3種類の運賃タイプを選択できます。それぞれのメリット・デメリットを確認した上で予約することが必要です。

関連記事 ジェットスターの運賃タイプ『Starter』と『ちゃっかりPlus』の違いを比較

ジェットスターの国内線運賃一覧

ジェットスター国内線の運賃はエコノミークラスの「Stater」(オプションのない一番安い運賃タイプ)が基本となます。ジェットスターの運賃は、空席状況や予約日によって変動するので実際の運賃は希望日で検索する必要があります。

※ジェトスターの路線別運賃は、以下にて。
関連記事 ジェットスターの国内線運賃

ジェットスター・ジャパンの特徴と注意点

他LCCとの違いは?

ジェットスターは国際線ではすでにJALと共同運航しています。国内線でもJALとの連携で、地方空港と成田・関空を結ぶ国内線をジェットスター・ジャパンが運航し、成田や関西空港からの国際線(オーストラリア路線など)をジェットスターやJALでスムーズに乗り継ぎができることも想定されます。成田・関空がハブ空港となり、地方空港からもスムーズかつ低価格で海外に行ける日も近いでしょう。

オプションで欠航や遅延時に見舞金をもらえる

LCC利用時に気になるのが、フライトの欠航や遅延です。ジェットスターはその不安を解消するために、2014年7月よりはじめたサービスが「あんしんPlus/Max」という見舞金制度。「航空機が欠航または運休となった場合」「航空機が当初の出発予定時刻から6時間以上出発が遅延した場合」に、『ちゃっかりPlus』の場合は10,000円、『しっかりMax』運賃の場合は20,000円の見舞金をもらえるというもの。

※『ちゃっかりPlus』『しっかりMax』は割増料金で利用できる運賃タイプ

関連記事ジェットスターの運賃タイプ『Starter』と『ちゃっかりPlus』の違いを比較

ジェットスターの欠航・遅延補償

天候が理由の欠航や遅延でも支払われる見舞金

通常航空機の遅延補償などの保険金は、天候など航空会社に責任がない場合は支払われないのですが、「あんしんPlus/Max」の良いところは、天候が理由の欠航や遅延でも支払われる点です。天候や火山灰の降灰(鹿児島桜島のみ)が理由の欠航や遅延でも見舞金の対象になるようです。(当然ジェットスターの都合による欠航や遅延も対象)

支払い条件等詳細はジェットスターの「あんしんPlus/Max」のページにてご確認ください。

ジェットスターのパックツアーは?

通常LCCは安く航空券を販売するために、一番コストのかからない自社のウェブサイトでの販売に絞る傾向があります。ただしLCCに馴染のない日本では、十分な販売が見込めないと思ったのか、ジェットスタージャパンは就航当初から旅行会社と連携しています。

そのため旅行会社が仕入れたホテルと、ジェットスターの航空券がパックになったツアー商品が販売されています。旅行や出張でホテルが必要な場合は、ジェットスターのホテルパックツアーがお得です。

関連記事ジェットスターを利用した国内パックツアーの予約やお得なポイント

注意が必要な点は?

他LCCと同様、気を付けなければならない点があります。

  • 天候不良や機材のトラブル時に他社便への振り替えがない
  • 取り消しの際の払い戻しは不可
  • 機内持ち込み手荷物に制限があり、受託手荷物は料金がかかる

特に、受託手荷物には注意が必要です。旅行で予定より持っていく荷物が多くなったり、帰りの飛行機でお土産が多くなるとケース。ジェットスターの受託手荷物料金は、事前に申し込む場合と、当日空港で申し込む場合の料金が違います。受託手荷物料金は、事前予約に比べて、当日はかなり高くなります!

関連記事ジェットスターの手荷物の個数やサイズ・重さに関する注意点

ジェットスターもLCC特有の注意点はいくつかありますが、国内線は、成田・関空と利用頻度の高い空港を拠点にしている為、旅行の時には必ずチェックしたい格安航空会社ですね。

ジェットスターの空席・予約は

旅行比較ネットをフォロー

お得な国内旅行情報や豆知識などを配信中!

Return Top