Read Article

空港ラウンジの使い方と無料で利用できるクレジットカード!同伴者も

ゆったりとしたソファで、雑誌を読みながら無料のドリンクを飲み、飛行機を待つことができる憧れの空港ラウンジ。せっかくの旅行だから出発前のひとときを空港ラウンジで快適に過ごしたいと思ったことはありませんか?

今回旅行比較ネットでは、空港ラウンジのサービス内容や無料で利用できる方法をまとめました。仕事の出張でよく飛行機に乗る人や、せっかくの旅行を優雅で特別なものにしたい人は必見です。

※当記事では国内の空港ラウンジについて掲載しています。海外の空港ラウンジは「プライオリティパス」やハイクラスのクレジットカードが必要です。
lounge-image

空港ラウンジのサービス内容と使い方

空港ラウンジとは、飛行機に搭乗するまでの「特別待合室」のことです。空港ラウンジは飛行機に乗るすべての人が利用できる訳ではないので、落ち着いた環境で搭乗までの待ち時間を静かにゆっくりくつろぐことができます。

新千歳空港の「スーパーラウンジ」

新千歳空港の「スーパーラウンジ」にはカウンター席があり窓から離発着する飛行機が見える

一般的にゆったりとしたソファとテーブルが設置されていて、新聞や雑誌が置かれています。合わせてほとんどの空港ラウンジではソフトドリンクが無料で、無線LANサービスが利用できます。

設備は空港によって異なり、基本的に規模の大きい空港ほど席数が多く設備が充実しているのが特徴で、利用時間を1時間または2時間に制限しているラウンジもあります。

仕事で出張時に役立つ設備も

仕事がはがどりそうなPCコーナー

仕事がはがどりそうなPCコーナー

その他、出張時に役立つ設備として、コピーやFAX、備付のパソコンやビジネスルームなどがある空港ラウンジもあります。ラウンジのソファにはノートパソコンを広げられるデスクが備付されているので、ビジネスマンは待ち時間を有効に使うことができます。

シャワールームやアルコールも

JALの「こどもラウンジ」

JALの「こどもラウンジ」

ラウンジによっては、有料のシャワールーム(約500円~1,000円)やマッサージチェアが完備されていて、アルコール類・おつまみ・弁当などの有料サービスを提供しているラウンジもあります。

一風変わったところとして、羽田空港のJAL「サクララウンジ」には、区切られた女性専用の「レディースラウンジ」や、絵本などがある「こどもラウンジ」などがあります。

空港ラウンジの使い方(入室方法)

これらのさまざまな空港ラウンジでサービスを使うには、ラウンジの入り口で搭乗券などを提示して入室します。(当日飛行機に乗る予定がないとラウンジは使えません)

航空会社のラウンジの入室方法
ラウンジ受付にて、搭乗に必要な搭乗券や電子チケット類などの2次元バーコードなどをリーダーにタッチして入室します。会員のステータス(ランク)を確認するために、マイレージカードの提出を求められる場合もあります。
空港ラウンジ受付にあるリーダー

空港ラウンジ受付にあるリーダー(参照:JALホームページより)

カードラウンジの入室方法
空港ラウンジの利用対象となる本人様名義のクレジットカードと、当日の搭乗券や控えなどを受付で提示して入室します。

※航空会社のラウンジとカードラウンジの違いは次章にて

空港ラウンジサービスの利用方法

空港ラウンジには、JALやANAのマイレージ会員や上級シート客向けの「航空会社のラウンジ(エアラインラウンジ)」と、クレジットカードの会員向けに設置されている「カードラウンジ(エアポートラウンジ)」の2種類があります。(一部空港ではカードラウンジを誰でも有料で利用できる)

国内の空港ラウンジ一覧

国内では29空港にラウンジが設置されていて、大規模空港では複数のラウンジが設置されています。例えば羽田空港国内線の「航空会社のラウンジ」は、JALの空港ラウンジが4ヶ所、ANAの空港ラウンジが3ヶ所、「カードラウンジ」は第一ターミナルに3ヶ所、第二ターミナルに3ヶ所で計6ヶ所。

地方空港には「カードラウンジ」のみ設置されていて航空会社専用のラウンジはない場合がほとんどです。

カードラウンジのほとんどが一般の方でも有料で利用することができます。利用料金は空港によって異なり1,000円前後。
空港名 カード JAL ANA
羽田空港
成田空港
新千歳空港
函館空港
青森空港
秋田空港
仙台空港
新潟空港
中部国際空港
富山空港
小松空港
伊丹空港
関西空港
神戸空港
空港名 カード JAL ANA
岡山空港
広島空港
米子空港
山口宇部空港
徳島空港
高松空港
松山空港
福岡空港
北九州空港
長崎空港
大分空港
熊本空港
宮崎空港
鹿児島空港
那覇空港
一覧を見てわかるように、航空会社のラウンジは主要空港はカバーしているものの、地方空港すべてにあるわけではありません。カードラウンジは国内のほぼすべての空港で利用できます。

航空会社の空港ラウンジの利用条件

「航空会社のラウンジ」は、JALやANAが自社の上客のために用意している専用のラウンジで、当然他の航空会社に搭乗する場合は利用することができません。中でもステータスの高いマイル会員や高級シート(ビジネスやファースト)利用客だけが無料で利用することができます。

JAL、ANAとも、羽田空港のラウンジに限り、一般の方でも有料で利用することができます。事前予約が必要で、利用料金はJALが3,000円/1回、ANAが3,100円/1回。

航空会社の空港ラウンジは上級会員向け

利用対象となるのはANAの場合、プレミアムメンバー(ANAにたくさん乗ってる上級会員)や年会費が7万円以上もするANAプレミアムカード所持者、普通運賃が1万円以上高くなるプレミアムクラス利用者など、かなりハードルが高くなります。

ANAプレミアムメンバー

JALの空港ラウンジもANA同様ハードルは高く、マイル会員でステータスが高い(JALをたくさん利用している)人や国内線ファーストクラス利用者に限られます。

JAL、ANA以外の国内航空会社では専用の空港ラウンジを設けていません。スターフライヤーのみスターフライヤー・マイレージプログラム「STAR LINK」のプレミアム会員制度である「STAR LINK VEGA」(年間の搭乗回数が60回!)会員のみ北九州空港、福岡空港、羽田空港のラウンジを無料で利用することができます。(スターフライヤー専用のラウンジではなくカードラウンジ)

カードラウンジの利用条件

対してカードラウンジ(エアポートラウンジ)は、提携のクレジットカード所持者(アメックスorゴールド会員以上)が無料で利用できるラウンジです。

複数のカード会社共有のラウンジで、搭乗する座席のグレードに関係なく本人名義の対象カードと搭乗券を提示すれば、無料で利用することができます。

同伴者のラウンジ利用料は一人1,000円~1,200円程度で、カードによっては同伴者1名まで無料で利用できたり、家族カード会員も無料で空港ラウンジを利用できるカードもあります。

スポンサーリンク

空港ラウンジを無料で使えるクレジットカード

前述の通り、「航空会社の空港ラウンジ」はハードルが高く、「カードラウンジ」を使えるクレジットカードを持つことが、空港ラウンジを無料で利用する近道となります。

ただし、空港ラウンジが利用できるカードはゴールドカードやアメックスなどステータスが高いカードに限られます。旅行傷害保険やショッピング保険などが充実するとはいえ、難点は年会費。このクラスのカードになると年会費が1万円以上必要になるため、空港ラウンジの利用のためだけにカードを作るのはちょっと厳しいところ。

ですが一部のクレジットカードでは、年会費が1万円以内国内の空港ラウンジを無料で利用できます。そんなお値打ちのおすすめカードを厳選してご紹介します。

JAL/ANAアメックスカードなら同伴者も無料

まずご紹介するのは、「JALアメックスカード」と「ANAアメックスカード」。いずれもゴールドカードではないものの、ステータスの高い"アメックス"ブランドの提携カードで、国内28の空港ラウンジが無料で利用できます。

通常の「アメリカン・エキスプレス・カード」も空港ラウンジを無料で使えますが、年会費は12,000円もかかります。しかし、JALアメックスは6,000円、ANAアメックスは7,000円、と本家アメックスよりも年会費が安くサービス内容も充実。

そして「JALアメックスカード」と「ANAアメックスカード」の最大の魅力は、カード名義人本人以外の同伴者も1名無料で空港ラウンジを使えるというところ。さらに家族カードを発行すれば家族会員も無料で空港ラウンジを使えます。
その上家族カード会員の同伴者も1名無料になるため、家族カードを発行すれば最大4名まで空港ラウンジを無料で利用できるのです。

JALアメックスカード

JAL アメリカン・エキスプレス・カード

JALカードとアメックスの提携カードである「JAL アメリカン・エキスプレス・カード」は、国内の主要28空港のラウンジとハワイのホノルル空港のラウンジを同伴者1名まで無料で利用できる。JALのマイルもよく貯まる、旅行先や空港でのサービスが充実したカード。

関連記事 憧れの国内28の空港ラウンジが同行者も無料で利用できる「JAL アメリカン・エキスプレス・カード」

「JAL アメリカン・エキスプレス・カード」の詳細
年会費(税抜) 6,000円
利用できる空港ラウンジ 【国内】28空港 【海外】1空港
  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 中部国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 関西空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 徳島空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ハワイ・ホノルル国際空港
同伴者のラウンジ利用 同伴者1名まで無料
家族カード年会費(税抜) 2,500円
家族会員のラウンジ利用 可(無料

新規入会キャンペーン情報

【キャンペーン期間】2017年1月20日~2017年3月31日まで
【入会特典】Amazonギフト券とマイルのうれしいチョイス!
◎Amazonコース:Amazonギフト券最大2,000円分+最大1,000マイルプレゼント!(普通カードの場合)
◎マイルコース:最大2,000マイルプレゼント!(普通カードの場合)

「JAL アメックス」公式サイトはこちら

ANAアメックス

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

本家より安い年会費でANAマイラーにおすすめの「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」。国内の空港ラウンジはもちろん、ハワイのホノルル空港、韓国の仁川空港のラウンジも無料。同伴者も1名まで無料で利用できる。旅行好き注目の1枚。

関連記事 ANAマイルが多くたまり空港ラウンジが無料の「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の詳細
年会費(税抜) 7,000円
利用できる空港ラウンジ 【国内】28空港 【海外】2空港
  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 中部国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 関西空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 徳島空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ハワイ・ホノルル国際空港
  • 韓国・仁川国際空港
同伴者のラウンジ利用 同伴者1名まで無料
家族カード年会費(税抜) 2,500円
家族会員のラウンジ利用 可(無料

新規入会キャンペーン情報

【入会キャンペーン】~2017年4月30日
【特典】入会と2ヶ月間の利用で、最大23,000マイル相当獲得可能
※詳細はウェブサイトにて

「ANAアメックス」公式サイト

年会費無料で空港ラウンジが無料で利用できるカード

次にご紹介するのは、年会費無料で持てるゴールドカードをご紹介。

まずは「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」。実は年会費が10,000円(税別)かかるカードですが、今だけキャンペーンで初年度年会費無料。旅行に強いゴールドカードなので、旅行好きの方は今がチャンス。キャンペーンで1年間空港ラウンジを無料で利用してみましょう。

イオンゴールドカードセレクト」は、年会費無料のイオンカードを所持してる会員が、前年度100万円以上などの招待基準を満たした場合に、カード会社の招待により持てるカードです。利用できるラウンジは羽田空港の国内線ラウンジに限られますが、年会費無料でショッピングセンターイオン内のラウンジも無料で利用できます。

もう1枚は丸井グループが発行する「エポスゴールドカード」。こちらは普通に申し込むと年会費が5,000円必要ですが、年会費無料の「エポスカード」の利用状況に応じ招待されると年会費無料で持つことができます。条件は明らかになっていませんが、年に50万円程度の利用だといわれています。
こちらは国内の19空港のラウンジに加え、ハワイ(ホノルル空港)、韓国(仁川空港)の空港ラウンジも無料で利用できます。

年会費無料とはいえ、「イオンゴールドカードセレクト」と「エポスゴールドカード」は招待制(インビテーション)のため発行までに時間がかかります。(カードを利用して招待される必要がある)まずは普通カードを作って利用実績を積む必要があります。
「セゾンゴールドアメックス」なら、キャンペーンを利用して1年間無料で空港ラウンジをすぐに使えます。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールドアメックスカード

「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」は、セゾンカードのゴールドカードと同一年会費でアメックスのサービスを付加したお得なカード。空港ラウンジの無料利用はもちろん最高5,000万円の海外旅行保険や空港手荷物無料宅配サービスなど旅行に強いゴールドカードとして人気。

「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」の詳細
年会費(税抜) 10,000円 ※今ならキャンペーンで初年度年会費無料
利用できる空港ラウンジ 【国内】28空港 【海外】1空港
  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 仙台空港
  • 秋田空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港(大阪国際空港)
  • 神戸空港
  • 米子空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 山口宇部空港
  • 徳島空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 長崎空港
  • 熊本空港
  • 大分空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ハワイ・ホノルル空港
同伴者のラウンジ利用 有料
家族カード年会費(税抜) 1,000円※今ならキャンペーンで初年度年会費無料
家族会員のラウンジ利用 可(無料

新規入会キャンペーン情報

【キャンペーン期間】~2017年2月28日まで

【特典】
・今なら初年度年会費無料
・永久不滅ポイント200ポイントプレゼント。さらに発効日の翌月末までに2万円(税込)以上のショッピング利用で永久不滅ポイント400ポイントプレゼント
※200+400=600ポイント=3,000円相当

セゾンカード公式サイトはこちら

イオンゴールドカードセレクト

イオンゴールドカードセレクト

「イオンゴールドカードセレクト」はゴールドカードなのに年会費が無料。羽田空港のみ空港ラウンジが無料で利用できます。通常のイオンカード所持者が、一定の条件(年間の利用金額など)を満たすと発行される招待制のカードです。

「イオンゴールドカードセレクト」の詳細
年会費(税抜) 無料
利用できる空港ラウンジ 羽田空港国内線ラウンジ
同伴者のラウンジ利用 有料
家族カード年会費(税抜) 無料
家族会員のラウンジ利用 可(無料

新規入会キャンペーン情報

【キャンペーン期間】2017年2月1日~2017年2月28日
【特典】インターネット入会限定で最大5,000円相当分のときめきポイントプレゼント

「イオンカードセレクト」公式サイトはこちら

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

丸井グループが発行する「エポスカード」の利用状況に応じて、招待を受けると無料で持てる「エポスゴールドカード」。国内主要空港の空港ラウンジ+ホノルル・仁川空港の海外のラウンジも使える。その他ポイントアップや海外旅行保険の付帯などお得な1枚。まずは年会費無料の「エポスカード」から。

「エポスゴールドカード」の詳細
年会費(税抜) 通常5,000円 ※インビテーションによる入会の場合永年無料
利用できる空港ラウンジ 【国内】20空港 【海外】2空港
  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 仙台空港
  • 小松空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港(大阪国際空港)
  • 神戸空港
  • 広島空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 長崎空港
  • 熊本空港
  • 大分空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ホノルル空港
  • 韓国・仁川空港
  • ハワイ・ホノルルラウンジ
同伴者のラウンジ利用 有料
家族カード年会費(税抜) 家族カードなし
家族会員のラウンジ利用 -

新規入会キャンペーン情報

【キャンペーン期間】2017年1月16日~2月28日
【特典】ネット限定8,000円相当のエポスポイントプレゼント

エポスカード公式サイトはこちら

20代限定のゴールドカードなら年会費が安い

最後にご紹介するのは年会費が安い20台限定のヤングゴールドカード2枚。(20代以外の方は読み飛ばしてください。笑)

カード会社各社は、将来のゴールドカード会員候補確保のために「ヤングゴールド」というカテゴリのカードを用意しています。20代だけが所有でき、ゴールドカードなのに年会費が安く設定されているのが特徴です。「ヤングゴールド」は各社競争が激しいため、サービス内容が驚くほど充実しています。

中には年会費を安くするために、空港ラウンジサービスを縮小しているカードもある中、「JCB GOLD EXTAGE」「三井住友VISAプライムゴールドカード」の2枚は、国内28空港のラウンジが無料で使える大変お得なカード。

年会費は、いずれも初年度無料で、JCB GOLD EXTAGE」が税別3,000円、「三井住友VISAプライムゴールドカード」が税別5,000円(1,500円に減額される優遇制度あり)と破格の安さ。空港ラウンジの無料利用で十分元がとれます。

JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGE

JCBの20代限定ヤングゴールドカード「JCB GOLD EXTAGE」。年会費が3,000円(税別)で、年会費10,000円の「JCBゴールド」とほぼ同等のサービス内容。空港ラウンジサービスは、国内28空港+ハワイ・ホノルル+中国(期間限定)と文句なく、付帯の海外・国内旅行保険は最高5,000万円の補償。

「JCB GOLD EXTAGE」の詳細
年会費(税抜) 初年度:無料 翌年以降:3,000円
利用できる空港ラウンジ 【国内】28空港 【海外】1空港
  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 中部国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港(大阪国際空港)
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 徳島空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ホノルル空港
  • 中国国内空港ラウンジ(期間限定~2017年3月31日)
同伴者のラウンジ利用 有料
家族カード年会費(税抜) 1名無料※2人目より1名につき1,000円(税別)
家族会員のラウンジ利用 可(無料

新規入会キャンペーン情報

【キャンペーン期間】~2017年3月31日まで
【特典】今なら、入会と利用で最大12,500円分をプレゼント

JCBカード公式サイトはこちら

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード

年会費10,000円の「三井住友VISAゴールド」と同等サービスで、年会費は半分の20代限定「三井住友VISAプライムゴールドカード」。「マイ・ペイすリボ」「カードご利用代金WEB明細書サービス」に同時登録で年会費は1,500円になる。国内28空港のラウンジサービスが無料で利用できる。

「三井住友VISAプライムゴールドカード」の詳細
年会費(税抜) 初年度:無料 翌年以降:5,000円
※「マイ・ペイすリボ」「カードご利用代金WEB明細書サービス」に同時登録で年会費1,500円
利用できる空港ラウンジ
  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 中部国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港(大阪国際空港)
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 徳島空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
同伴者のラウンジ利用 有料
家族カード年会費(税抜) 1名無料※2人目より1名につき1,000円(税別)
家族会員のラウンジ利用 可(無料

新規入会キャンペーン情報

【キャンペーン期間】~2017年3月31日
【特典】インターネット限定!今なら最大7,000円分をプレゼント

三井住友VISA公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。空港ラウンジは必ず必要なサービスとは言えませんが、無料で利用できるなら活用してみたいですね。

飛行機の待ち時間を有効的に使えるので、よく飛行機に乗る人にとっても、回数は少ないがせっかくの旅行を快適にしたい人にとってもよいサービスだと思います。

ご紹介したカードは、年会費が無料のものもありますが基本的に必要です。空港ラウンジの無料利用だけでカードを作るのではなく、他のサービス(旅行保険やポイントアップなど)も合わせて、自分にとってお得かどうかを検討してみてください。

旅行比較ネットをフォロー

お得な国内旅行情報や豆知識などを配信中!

Return Top