Read Article

クレジットカードに付いた海外旅行保険で十分?注意点と使い方

あとで読む

海外旅行に行く際は、いくら旅慣れた方でも海外旅行保険の加入は必須といえます。短期間とはいえ慣れない海外での生活では、病気やケガの可能性が高まります。保険に加入していなければ、海外での高額治療、緊急時の日本への搬送、荷物の盗難など様々なリスクに対応できません。

「自分は海外旅行保険付きのクレジットカードを持ってるから大丈夫。」という方も注意が必要。カードを利用しなければ保険が効かなかったり、必要な補償額が低く設定されている場合も。カードに付いた海外旅行保険で十分と思っている方は、旅行前にチェックしてみてください。

海外旅行保険付きクレジットカード

カード付帯の海外旅行保険の注意点

クレカに付いた保険は便利ですが、内容をきちんと把握していなければ海外旅行中のアクシデントに対応できない場合も。自分が持っているカードの以下の点を確認する必要があります。

持ってるだけでは補償されないカードも!?

利用付帯と自動付帯に注意!

自動付帯と利用付帯の違い

自動付帯と利用付帯の違い

『海外旅行保険付きクレジットカード』といっても、持っているだけでは保険が効かないカードもあります。これを利用付帯と呼び、海外旅行に関する費用(ツアー代金や航空券代)をカードで決済した場合のみ、海外旅行保険が適用されるのです。

対して、自動付帯はカードの利用に関係なく、カードを持っているだけで海外旅行保険が適用されます。

利用付帯のクレジットカード
海外旅行のツアー代金や航空機、電車、船、タクシー、バスなどの交通機関の費用をカードで支払った場合に、保険の適用を受けることができる。
自動付帯のクレジットカード
カード利用の有無にかかわらず、保険の適用を受けることができる。
一般的に年会費が無料or安いカードは利用付帯の場合が多い。海外旅行保険が付いてるカードと安心せずに、自分のクレカの付帯条件は必ず確認しましょう。

一般的な海外旅行保険とは補償内容が違う?

ケガや病気が補償されない場合もある

一般的な海外旅行保険との違い

一般的な海外旅行保険との違い

一般的な海外旅行保険にセットされる主な保険の種類は以下の6種類。(表参照)ケガや病気による死亡や治療費用、賠償責任や携行品損害など、いずれも海外旅行中に起こりうるリスクに対応するものばかりです。

これらの補償項目は、損害保険会社のセットプランなら必ずといってよいほど補償の対象となる項目です。

保険の種類 保険金が支払われる場合
傷害死亡・後遺障害 事故によるケガが原因で死亡または後遺障害を生じたとき
疾病死亡 病気が原因で死亡したとき
治療費用 病気やケガで医師の治療を受けたとき
救援者費用等 病気やケガによる入院や死亡で家族が現地にかけつけたとき
賠償責任 誤って他人にケガをさせたり他人の物を壊したりして、法律上の損害賠償を請求されたとき
携行品損害 身の回り品が盗まれたり事故により壊れたりしたとき

海外旅行保険付きクレジットカードで注意したいのが補償の内容。カード付帯の海外旅行保険は、いわばクレジットカード会員に対する『無料サービス』のため、補償内容が万全でないことも。

例えば『海外旅行保険最高1,000万円』とうたっていても、1,000万円は傷害(ケガ)による死亡の保険金を指し、病気やケガの治療に対応していない場合もあります。

カード付帯保険の一例

例えば楽天カードは利用付帯ながら、疾病死亡を除いた項目をカバーしていますが、JALカード(普通)は死亡補償と救援者費用のみが保険の対象です。JALカードの付帯保険では、病気やケガの治療費はすべて実費となります

保険の種類 楽天カード
楽天カード
JAL普通カード
JALカード
傷害死亡・後遺障害 2,000万円 1,000万円
疾病死亡 なし なし
治療費用 200万円 なし
救援者費用等 200万円 100万円
賠償責任 2,000万円 なし
携行品損害 20万円 なし
カード付帯の補償内容や保険金額は、一般的にカードの種類やグレードにより異なり、通常年会費の高いカード(ゴールドやプラチナ)ほど手厚い海外旅行保険が付帯されます。
ちなみに疾病死亡(病気による死亡)は、通常カード付帯の海外旅行保険では補償されません。

※JALカードの付帯保険は十分とはいえませんが、JALマイルがよく貯まるクレジットカードとして優秀です。
関連記事 JALカードをマイルや特典で比較!おすすめJALカードの選び方

カード付帯保険の治療費用は低い

海外旅行保険で一番重要な治療費用

海外旅行保険では治療費用が一番重要

治療費用が一番重要

海外旅行保険の補償項目で一番重要なのが「治療費用」。病気やケガで病院にかかる可能性が一番高く、保険金請求の約半数が治療費用だといわれています。

しかも海外の医療費は高額で、手術や入院をすると数百万円以上かかることも。特に日本へ搬送する事態になると1,000万円近く必要になる場合があります。

「アメリカ合衆国(ニューヨーク)医療の現状」より
病気や怪我など1回の入院で数百万円から1千万円になることを覚悟してください。病状がそれ程緊急性を要しない等,事情が許せば航空運賃を負担したとしても,本邦に帰国して診療を受けた方が良いケースもあります。

参照:外務省:世界の医療事情

大きなケガや病気の場合は頼りない

ところが、クレジットカードの海外旅行保険の治療費用は100~200万円程度。ステータスの高いゴールドカードでも、付帯保険の治療費用は300万円程度となっており、大きなケガや病気の場合には頼りない金額です。

上記の通り自分のクレジットカードに海外旅行保険が付いているからといって安心してはいけません。まずは自分のクレカ付帯保険の補償内容を確認すること。手持ちのカードの補償内容が乏しい場合は、内容が充実したカードを旅行前に作ってしまえばOKです。
スポンサーリンク

クレカに付いた海外旅行保険の有効な使い方

いくつかの注意点があるクレカ付帯の海外旅行保険ですが、欠点をカバーして有効的に使えば保険料を節約できてお得になります。

複数クレカの補償額は合算される

複数のクレジットカードで補償を手厚く

複数クレカの補償額を合算

複数クレカの補償額を合算

1枚では頼りないクレジットカードの補償額も、複数枚持てば補償を手厚くすることができます。

あまり知られていませんが、複数枚の海外旅行保険付きカードの保険金額は合算されます。「傷害死亡・後遺障害」はカード内の最高額が適用されるものの、それ以外の補償については保険金額の合計が最高補償額です。

例えば治療費200万円のカードを3枚持っていると、最高600万円(200万円×3枚)までの補償を受けることができます。

ただし、同じ会社が発行するクレジットカードの補償額は合算されないのでご注意ください。
保険の種類 Aカード Bカード Cカード 3枚の補償額
傷害死亡・後遺障害 3,000万円 500万円 2,000万円 3,000万円
※最高額
治療費用 300万円 200万円 100万円 600万円
※合計額
救援者費用等 200万円 100万円 100万円 400万円
※合計額
賠償責任 3,000万円 2,000万円 2,000万円 7,000万円
※合計額
携行品損害 30万円 20万円 20万円 70万円
※合計額

上記の通りA~Cのカードを3枚所持している場合、傷害死亡・後遺障害は3枚の最高額であるAカードの3,000万円が適用されます。その他傷害死亡・後遺障害以外の項目は、合算した金額を最高額として補償されるので、治療費最高600万円、救援者費用等最高400万円、賠償責任最高7,000万円、携行品損害再呼応70万円となります。

1枚では補償額が不十分なカード付帯の海外旅行保険も、複数枚の補償額を合算することでカバーすることが可能です。

カードを複数枚所有すれば補償は手厚くなりますが、保険目的だけで複数のカード年会費を払っていては本末転倒。年会費が無料で海外旅行保険付きのクレジットカードなら、金銭的負担なく補償を手厚くできます。しかも自動付帯のカードなら利用しなくても海外旅行保険が適用されるのでお得。

クレカの保障に上乗せできる保険で安心

クレカの保険+一般の海外旅行保険でカバー

クレカの補償に上乗せ

クレカの補償に上乗せ

クレジットカード付帯の保険だけでは心配という方は、一般の海外外旅行保険を使ってカバーする方法がおすすめです。

損害保険会社の海外旅行保険では、主な補償がセットになったセットプランが主流ですが、補償内容を自由にカスタマイズできるプランも用意されています。

例えば、自分の必要な補償だけを選べるフリープラン(バラ掛け)や、クレジットカードの補償に足りない部分だけをプラスするクレカ上乗せプランなどがあります。

保険会社名 商品名
保険の特長
損保ジャパン日本興亜
損保ジャパン日本興亜
新・海外旅行保険【off!(オフ)】
行き先別リスク細分型、大幅なネット割引あり
ジェイアイ傷害火災
ジェイアイ傷害火災
WEB専用海外旅行保険「t@biho たびほ」
行き先別・年齢別リスク細分型、豊富なネット完結機能
三井住友海上
三井住友海上
特定手続用海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」
行き先別リスク細分型、リピーター割引あり
AIU損害保険
AIU保険
AIU海外旅行保険・インターネット契約
治療・救援費用の無制限プランあり、安心サポート
カード付帯の保険と重複する補償内容を除くことができるため、通常のセットプランの保険料よりも安くなります。保険料は保険会社ごとに異なるのでご確認ください。

三井住友海上のクレカ上乗せプラン

では一例として、大手損害保険会社である三井住友海上のプランを見てみます。

三井住友海上のクレカ上乗せプランは、クレジットカードにセットされている海外旅行傷害保険では補償が不足しがちな治療・救援費用、疾病死亡、弁護士費用に絞ったプランです。

以下の通り上乗せプランとの組み合わせで、クレカ付帯の保険の不足部分をカバーすることができます。

補償項目 楽天カード
付帯保険
三井住友海上の
クレカ上乗せ保険
傷害死亡・後遺障害 2,000万円 補償なし
治療・救援費用 200万円 2,000万円
疾病死亡 補償なし 2,000万円
賠償責任 2,000万円 補償なし
携行品損害 20万円 補償なし
弁護士費用等 補償なし 100万円
ハワイ6日間の保険料 0円 1,690円
一般の海外外旅行保険で必要な補償のみにすれば、クレカの保険をムダにすることなく保険料を節約することが可能になります。
なんといってもクレジットカード付帯の海外旅行保険は無料!カードの年会費が無料なら全くお金がかかりません。

まとめ

いかがでしょうか?このようにクレジットカードに付いた海外旅行保険は、注意する点がいくつかあります。

ですが、保険の加入に費用は不要で、旅行の度に申し込む必要もありません。上手に使えば保険代金の節約につながります。

年会費が無料で自動付帯のクレジットカードを複数持てば、かなり充実した保険内容になります。

旅行比較ネットをフォロー

お得な国内旅行情報や豆知識などを配信中!

Return Top