Read Article

ピーチの運賃「ハッピーピーチ」と「ハッピーピーチプラス」の違いは?

あとで読む

ハッピーピーチとハッピーピーチプラス

ピーチでは、『ハッピーピーチ』『ハッピーピーチプラス』という選択可能な2種類の運賃が用意されています。
簡単に言うと航空券のみで何もオプションがついてないのが『ハッピーピーチ』で、いくつかの有料オプションがセットになっていて、『ハッピーピーチ』よりも高い運賃タイプが『ハッピーピーチプラス』になります。

ピーチの航空券の予約の際には、まず『ハッピーピーチ』『ハッピーピーチプラス』の選択が重要です。違いをしっかり把握しましょう。

ちなみに、キャンペーンセールなどで発売される激安航空券は、『ハッピーピーチ プロモ』という運賃名称となり、ハッピーピーチの各種料金・手数料が適用されるます。

二つの運賃タイプの違い

ハッピーピーチとハッピーピーチプラスの比較

ハッピーピーチとハッピーピーチプラスの違い※クリックで拡大

いずれの運賃タイプも10kgまでの機内持ち込み手荷物は無料です。

ハッピーピーチプラスの運賃に含まれるものは、「受託手荷物1個」「座席指定料金(スタンダード、プレジャーシート)」「変更手数料(インターネットでの手続き)」で、これらすべてが無料になります。(ハッピーピーチではすべてが有料)

ピーチの各種手数料、手荷物に関して詳しくは以下記事にて。

関連記事 ピーチの手数料や変更・キャンセル料・払い戻しの注意点

関連記事 ピーチの機内持ち込み手荷物の個数や受託手荷物料金の注意点

ハッピーピーチのオプションとして計算すると

ではこれらハッピーピーチプラスに含まれるものを、ハッピーピーチのオプションとして追加した場合の料金は以下となります。

オプション内容 追加料金
受託手荷物1個目 1,030円※路線によって1,650円
座席指定(スタンダード) 260円
変更手数料 3,240円

この2種の運賃は、時期により約1,700円~5,000円の差があります。傾向としては、年末年始やお盆、ゴールデンウィークなどの繁忙期に差額が大きくなるようです。(路線などにもよるのであくまで傾向です。)

ですのでどちらを選択するかは、自分が予定する便の2種の運賃タイプの差額と、ハッピーピーチプラスに含まれるオプションが必要がどうか?で検討することになります。

ただし、変更手数料が3,240円と高額なので、
「変更する可能性があるかどうか?」
が一番の決め手になります。

『ハッピーピーチ』と『ハッピーピーチプラス』の使い分けとして、座席指定が必須な家族旅行やグループでピーチを利用する時や、予定が変更になる可能性が高い場合は『ハッピーピーチプラス』 を利用する方がおすすめです。
スポンサーリンク

『ハッピーピーチ』と『ハッピーピーチプラス』運賃の使い分けは?

以上の通り『ハッピーピーチ』と『ハッピーピーチプラス』は、運賃から取り消しに至るまで、条件や料金が異なります。どちらがお得になるかは状況よるので、自分の状況に応じて選択する必要があります。

『ハッピーピーチプラス』が無難?

トータルで考えると、『ハッピーピーチプラス』で予約する方が無難な選択だといえます。
ピーチをはじめとするLCCの運賃は、基本的に『カウントダウン型運賃』(早く予約するほど安い)なので、予定が固まってないうちに予約することになります。『ハッピーピーチ』で予約をすると取消手数料が100%なので、かなりリスクが高いと言えます。

連休などの特定日を除けば、運賃の差額は2,000円前後ですので、手荷物や座席指定料金なども含めて考えると無難な選択だと思います。

『ハッピーピーチ』はどんな時に?

では『ハッピーピーチ』で予約するのはどんな時かというと、ほぼ予定が固まってるというのが第一条件となり、その他以下の様な場合は選択肢として考えても良いのではないでしょうか。

  • キャンペーン運賃が激安すぎるので、最悪チケットが紙屑になってもOK
  • 自分一人での搭乗で、座席指定も必要ないし荷物も少ないし
  • 直前の予約で予定が確実(変更する可能性はほとんどない)
いずれにしても、ピーチの運賃はリアルタイムで変動するので、予約の際に2種の運賃タイプの差額と、予定の確定具合で判断するしかないでしょう。子供連れの旅行では、こどもが病気で旅行が中止になったり、座席指定が必須だったりするので『ハッピーピーチプラス』で予約するのがおすすめです。
旅行比較ネットをフォロー

お得な国内旅行情報や豆知識などを配信中!

Return Top