Read Article

Peach(ピーチ)で気を付けるべき注意点

Peach(ピーチ)で気を付けるべき注意点

peach_airplane08

ピーチはコスト削減のため、通常大手の航空会社のサービスが有料であったり、従来あたりまえだった航空サービスがない!という場合もあるので注意しましょう。
もちろんほとんどが航空運賃を安くする為のことなので、ピーチを利用する場合は十分に理解し、納得した上で予約することが必要です。

他社振り替え便サービスがない

JALやANAは、台風や大雪、機材のトラブルの際にJAL→ANA、ANA→JALという風に他社の便への振り替えが可能です。(ほぼ同じ運賃ですから、、、) ですが、ピーチには他航空会社への振り替えサービスがありません。

ですので、ピーチの場合は自分が搭乗予定の便が欠航の場合は、ピーチの他の便に振り替えることになります。ただ、ピーチの場合1日に飛んでいる便が少ない!また、空席があれば運賃を安くする販売手法を取っている為、搭乗率はかなり高いでしょう。となると、何日も目的地で足止めを食らうなんて可能性もあります。(そうなると、高い運賃を払ってJALやANAの便に・・・)

新規参入時に、夏の観光シーズンで集客の見込める沖縄に就航しなかったのはそういう理由もあるのでしょう。特にビジネスなどでピーチを利用する場合は、そういうリスクは覚悟しておくべきです。

取り消し・払い戻しに注意

ハッピーピーチの場合は、払い戻しは一切ありません

ハッピーピーチプラスの場合は、取消手数料(1,050円)を差し引いた差額をピーチポイントでの付与となります。(ピーチポイントとはピーチの運賃や各種料金のみに利用できるポイント。)

要するに”一度払った現金は戻らない”

座席が若干狭い

Peach(ピーチ)は、エアバス320-200型の単一機種で運航する予定です。同じ機種でANAが166席設置しているのに対し、ピーチは空いたスペースなどを詰めて設定座席数を180席にしています。その分シートピッチなどは狭くなっているようです。

各種手数料・料金が必要

電話予約手数料1,620円、支払手数料330円や、座席指定料金260円~1,300円(ハッピーピーチプラスのスタンダード・プレジャーシートは無料)と様々な手数料・料金があります。最低限のサービスで運賃を安くするためですので、予約の前にしっかり確認しておきましょう。

受託手荷物が有料

10kgまでの機内持ち込みの手荷物は無料ですが、受託手荷物は有料となり、細かく設定されています。『ハッピーピーチプラス』なら受託手荷物1個は無料です。

また、搭乗時に追加で荷物を預ける場合、支払は現金ではなく、クレジットカード決済となります。カードがない場合は、原則荷物を預かってもらえないので注意しましょう。

チェックインは注意!

搭乗手続きは、自動チェックイン機のみの対応で、出発の30分前までに済ませる必要があります。その際必要な、予約確認書のバーコードもしくは予約番号のどちらも持ってない場合は搭乗できないので注意が必要です。

機内食がすべて有料

ピーチの機内食「Peach DELI」では、ソフトドリンク(飲料水含む)・アルコール・食事などすべてメニューが有料で提供されます。

気になるメニューと料金は、照り焼きチキンご飯(600円)季節のお弁当(700円)とお手頃価格になっています。
ドリンクをセットにしたコンボメニューもあり、まるでどこかのフードコートのよう。ピーチ(桃)にちなんだメニュー「特製ピーチデニッシュ」は300円となっています。(フルーツの桃はないようですww)

ただ気になったのが、日清カップヌードル(写真ではシーフード)が驚きの350円!目玉商品の「特製ピーチデニッシュ」よりも高い!

機内での支払いは、1,000円以上ならクレジットカードで支払えるようです。

上記の通り従来の航空サービスとは異なる部分が多く、消費者にとっては多少混乱が予想されます。ですが、LCCにより消費者にとっては航空運賃が安くなり、国内の移動が多くなれば、日本経済にとっても非常に良いことです。
日本にLCCが根付き(正しい情報・知識が必要です!)たくさんの方がより安く国内旅行がでるといいですね。
旅行比較ネットをフォロー

お得な国内旅行情報や豆知識などを配信中!

Return Top