Read Article

ジェットスター国内線の座席指定の方法と料金について

あとで読む

ジェットスターの座席指定は料金が必要です。予約時に指定するか、運賃タイプ「ちゃっかりPlus」ならスタンダードシートの座席指定は無料でできるのでおすすめです。

ジェットスターの座席指定

ジェットスター国内線の座席指定

ジェットスターの国内線は、エアバス社のA320という機材を使用しています。全席革張りのシートで、全部で180席。一部足元が広い座席は指定料金が高く設定されています。

ジェットスターのシートタイプ

シートタイプ シートの説明
スタンダードシート 通常の座席
アップフロント・シート 左側一列目を除いた前方5列目までの座席。右側一列目のD~F席を除いてシートピッチは通常の座席と同じ
エクストラ・レッグルーム・シート シートピッチ(座席の前後間隔)が通常の座席より20cm広いシートで、左側一列目のA~C席と12列目、13列目
ジェットスターのシートマップ
アップフロントシートの右側一列目のD~F席はおすすめ。その他のアップフロントシートのシートピッチはスターンダードシートと同じなので、飛行機の乗り降りをスームーズにしたい人向け。
エクストラレッグルームの12列目は足元は広いが、非常口の関係でリクラインニングができないので注意。同様の理由でにスタンダードシートの11列目もリクライニングしない。

ジェットスターの座席指定料金

ジェットスターの座席指定は、当日空港カウンターでも指定することができますが、ウェブサイト上で指定するよりも手数料が高くなります。また当日だと希望の席がとれない場合があり、特にグループや家族連れで近くの席が希望なら、予約時に座席指定をする方が良いでしょう。

シートタイプ ウェブサイト上 コールセンター
空港カウンター
スタンダードシート 460円 570円
アップフロント・シート 670円 770円
エクストラ・レッグルーム・シート 980円 1,080円

「ちゃっかりPlus」ならスタンダードシートの座席指定は無料

ジェットスターの座席指定は運賃タイプによっては無料で選択することができます。「ちゃっかりMax」であれば全タイプのシートが無料で選択可能。通常運賃+1,650円~の「ちゃっかりPlus」は、スタンダードシートのみ無料で座席指定ができます。

関連記事 ジェットスターの運賃タイプ『Starter』と『ちゃっかりPlus』の違いを比較

2名で搭乗の場合座席指定しないと席はバラバラ?

ジェットスターをはじめとする格安航空会社(LCC)の座席指定は有料です。座席指定せずに2名以上で搭乗する場合、座る席がバラバラになる可能性は高いといえます。

なぜなら、LCCは搭乗率を上げるため運賃を下げているので、どの便も込み合っていることが多いからです。どうしても隣同士を希望する場合は予約時に座席指定をしたほうがよいでしょう。

ウェブ・チェックインで少しでも早く座席の確保
座席指定しない場合の座席の確定はチェックイン時となります。チェックインの方法は空港内自動チェックイン機、チェックインカウンター、ウェブ・チェックインの3通り。
ウェブ・チェックインは48時間前(2日前)からできるので、希望の席を確保できる可能性が高くなります。
旅行比較ネットをフォロー

お得な国内旅行情報や豆知識などを配信中!

Return Top