Read Article

ジェットスターの「Club Jetstar」は会員限定運賃やセール先行予約でお得

ジェットスターによく乗る方なら、有料会員プログラム「Club Jetstar」がおすすめ。ジェットスターの会員になれば、会員限定運賃や受託手荷物・座席指定料金の割引を受けることができます。

ジェットスターの「Club Jetstar」

「Club Jetstar」とは?

ジェットスターの会員プログラム「Club Jetstar」は、入会費・年会費が必要な有料会員プログラムとなります。加入することで会員限定の特典を受けることができます。初年度の年会費は無料のため年間約3,900円のコストが必要。入会費・年会費の支払いはクレジットカードのみで更新は自動更新となります。

入会費 3,990円 ※支払いはクレジットカード
年会費 3,939円 ※入会初年度無料
「Club Jetstar」の入会金・年会費の払い戻しはできないので、加入する方は慎重に、継続する方は年会費以上得したかどうかを確認しておきたいですね。

「Club Jetstar」の会員特典

ジェットスターの「Club Jetstar」では、入会すると以下のさまざまな特典を受けることができます。

会員特別価格

会員特別価格

「Club Jetstar」の会員特典の中でも一番の目玉は「会員特別価格」で航空券が購入できること。キャンペーンセールの時以外でも、お得な料金でジェットスターを利用することができます。

会員に同乗する場合に限り、最大5名まで非会員でも会員特別価格が適用されます。

セールの先行予約

セールの先行予約

ジェットスターが開催するキャンペーンセール時に、会員は通常の発売よりも早く予約・購入ができます。
※全てのセールで通常より早く予約できるわけではなく、一部のセールのみが対象。開催は不定期となります。

受託手荷物&座席指定20%OFF

受託手荷物&座席指定 20%OFF

新規予約時の受託手荷物料金と座席指定の料金が、一般価格の20%割引で予約できます。オンライン予約に限り日本初の一部のフライトのみ対象となります。

パートナー特典

パートナー特典

宿泊代金5%割引やWi-Fiレンタルサービス割引など、ジェットスターと提携するパートナーのサービス利用時に、割引などの特典を受けられます。

会員特典は2017年8月に刷新

2014年5月27日に開始したジェットスターの有料会員プログラム「Club Jetstar」は、2017年8月8日に刷新されました。参考までに以下新旧プログラムの比較表です。

旧プログラム 新プログラム
入会費 3,290円 3,900円
年会費 3,390円 3,939円
会員特別価格※1 なし あり
会員特別セール あり なし
受託手荷物の割引※2 なし あり20%
座席指定の割引※2 なし あり20%
パートナー特典 あり あり
搭乗者の追加 可能:最大9人まで 可能:最大5人まで

※1)販売数には限りがあります。会員特別価格が適用されない日、フライトがあります。
※2)オンラインでの新規予約および日本発の一部のフライトのみ。

新プログラムとなり入会費は3,900円、年会費は3,939円に値上げされました。新たに受託手荷物、座席指定の割引が追加され、会員だけが購入できるセールはなくなり、会員特別価格が新設されています。会員限定セールは魅力的だったものの、設定日が合わず実際利用しづらいという声も多かったようです。

「Club Jetstar」はお得か?

「Club Jetstar」は有料会員プログラムのため、支払った年会費に見合う特典が受けられるかどうかで、加入の判断をすることになります。

はっきり言えば「年間約3,900円の元がとれるかどうか?」なのですが、受託手荷物&座席指定20%OFFでは片道数百円程度の割引となり、かなりの回数ジェットスターに搭乗しないと年会費の元が取れそうにありません。LCCのヘビーユーザーならそもそも受託手荷物を預けないし、座席も指定しないという方も多いでしょうし。

また、会員特典の目玉である「会員特別価格」は販売数限定で適用されない日やフライトがあり、「セールの先行予約」も一部のセールのみとなると、自分が利用したい時にこれらの特典が適用されるかわからないとうのがネックとなります。

「会員特別価格」も「セールの先行予約」も、夏休みや年末年始、連休などの繁忙期の設定は期待薄で利用者少ない平日などの閑散期に設定されるのが予想されます。ジェットスターを利用する頻度が多ければ元は取れそうですが、一般のサラリーマンの方にはハードルが高そうです。

「Club Jetstar」に入会して得するのは

これらの点を踏まえると「Club Jetstar」に入会してお得になるのは、以下の様な方になります。

  • 年10回(片道)以上利用するヘビーユーザー(受託手荷物&座席指定利用)
  • ジェットスターのセールに参加できる身軽な方(平日の搭乗)
  • 年数回必ずジェットスターを利用して家族旅行する方(年会費は本人のみのため)
少なくとも「Club Jetstar」は、利用する航空会社が決まっておらず、旅行するたびに異なる航空会社を利用する方には向いてないといえます。
「会員特別価格」は非会員でも空席照会時に確認できます。そのため、複数人で利用する場合は往復利用で入会費の元がとれることもありそうです。

「Club Jetstar」の入会はこちら

旅行比較ネットをフォロー

お得な国内旅行情報や豆知識などを配信中!

Return Top